fbpx IDA第18次増資 | 国際開発協会(IDA) | 国際開発協会(IDA)

IDA第18次増資

世界的な意欲の高まりとリスクの増大を受け、IDA第18次増資(IDA18)ではIDA援助受入国による開発目標の達成を支援するための資金動員方法のパラダイムシフトが行われました。IDA第18次増資は、IDAの56年の歴史上で最大規模の増資であると同時に、IDAの政策および資金調達枠組みの重大な変革の第一歩となりました。IDA18は2016年12月に最終承認され、2017年7月1日から2020年6月30日までの3年間にわたってプロジェクトを実施します。

IDA援助受入国は新たな世界経済の中で複雑で相互に関連した無数の課題に直面し、革新的な開発アプローチを必要としています。このような状況の下での課題に対して、変革的かつ意欲的な政策と資金パッケージによって裏打ちされた新たなIDAが求められます。IDA18パッケージは、世界銀行グループが2030年アジェンダ達成のための重要な実施機関となるべく、革新を図り、実施しうるあらゆることを求めるG20および国際社会からの声に対応したものです。

ドナー国は3年ごとに会合を開き、IDAの増資を協議すると共に、政策枠組みを見直します。増資は通常、1年間の4回の公式会合によって決定されます。現在50カ国を超えるドナー国政府の代表者(「IDA交渉官」と呼ばれる)と借入国の代表者が招かれ、IDAの政策と資金提供の枠組みが各国のニーズに即したものになるようにします。

2016年、IDA第18次増資会合のために、4回の会合が開催されました。

  • 2016年3月14~15日、パリ (フランス)
  • 2016年6月21~24日、ミャンマー (ミャンマー)
  • 2016年10月10~11日、ワシントンD.C. (米国)
  • 2016年12月14~15日、ジョグジャカルタ (インドネシア)

会合で協議されている文書については、下記をご覧ください。

最終会合 IDA第18次増資(IDA18)の最終会合は、2016年12月14-15日、インドネシアのジョグジャカルタにて開催。

プレスリリース「極度の貧困削減に向けた国際社会によるコミットメント史上最高の750億ドルに

IDA18最終報告書:2030年に向けて:成長と強靭性強化、機会への投資(英語)

IDA18交渉官報告書およびIDAチームからの回答に関するパブリックコンサルテーションで聴取したコメント(英語、PDF)

借入国/ドナー国による声明(英語)

第3回会合 IDA18の第3回増資会合は2016年10月10-11日、ワシントンD.C.にて開催。議長要約をご覧ください。議論は次の文書に沿って進められました。

IDA18における国際金融公社(IFC)、多数国間投資保証機関(MIGA)民間セクター枠案についての詳細 - 2016年9月

2回会合 IDA18の第2回増資会合が2016年6月21~24日にミャンマーのネピドーで開催。議長要約(英語)をご覧ください。議論は次の文書に沿って進められました。

1回会合 IDA18の第1回増資会合が2016年3月14~15日にフランスのパリで開催。議長要約(英語)をご覧ください。議論は次の文書に沿って進められました。