IDA第18次増資

資金供与国は3年に一度、IDAの増資について協議し、IDAの政策を見直します。直近のIDA第17次増資(IDA17)は2013年12月に最終合意され、2017年6月30日までの3年間のプロジェクト資金調達額は、521億ドルに達しました。

増資は通常、1年間の4回の公式会合によって決定されます。現在50カ国を超えるドナー国政府の代表者(「IDA交渉官」と呼ばれる)と借入国の代表者が招かれ、IDAの政策と資金提供の枠組みが各国のニーズに即したものになるようにします。2016年は4回のIDA第18次増資会合が予定されています。

  • 2016年3月14~15日、フランスのパリ
  • 2016年6月21~24日、ミャンマーのネピドー
  • 2016年10月10~11日、ワシントンD.C.
  • 2016年12月14~15日、インドネシアのジョグジャカルタ

会合で協議されている文書については、下記をご覧ください。

2回会合 IDA18の第2回増資会合が2016年6月21~24日にミャンマーのネピドーで開催。議長要約をご覧ください。議論は次の文書に沿って進められました。

1回会合 IDA18の第1回増資会合が2016年3月14~15日にフランスのパリで開催。議長要約をご覧ください。議論は次の文書に沿って進められました。