PSWが可能にする潜在的な投資に関する実例のケース・スタディ

MIGA保証ファシリティの作用

IDA諸国や脆弱国・紛争影響国における実効性のある、大規模なプロジェクトは、民間の保険会社や再保険会社が長期にわたって十分なリスク緩和を提供できる能力がないために、しばしば実行されないことがあります。その結果、MIGAは以下に実例をまとめた大規模で、長期のエネルギー・プロジェクトである転換プロジェクトを支援することができませんでした。

課題

人工の僅か16%しか電力へのアクセスがないあるIDA諸国では、水力発電が大きな可能性を持っています。検討中の100億ドルのプロジェクトは、現在の電力供給量の2倍にあたる5,000メガワットの供給能力を新たにもたらします。プロジェクトの規模から、プロジェクトが動き出すために必要な支援をMIGAが提供するためには、民間の再保険会社が提供できるよりも大きい保証が必要です。

解決策

ファイナンスのための複数の財源と並んで、MIGAは契約義務と契約解除による支払リスクのために非商業リスク保障を提供することができます。新しいMIGA保証ファシリティを通じて、IDAPSWへの割当てが1020億ドルの追加的保証を提供し、それによってこの先駆的なプロジェクトが可能になります。 (続きを読む »)

リスク緩和ファシリティの作用

課題

小さな西アフリカの経済の電力セクターは、短い送電網、低い余剰発電能力、輸入への高い依存と、燃料および燃料ベースの発電といった多くの課題に直面しています。現地の状況から、太陽光パネルが強い価格競争力で電力供給を増やし、エネルギーの安定をもたらす重要な機会となります。オフテイカーの金融の脆弱性と、独立発電事業(IPP)との電力購入契約のもとでの支払実績がないことが同セクターへの民間投資の妨げになります。

解決策

IFCは、同国初のソーラーIPPへのファイナンスを模索しており、IPPはリスク緩和ファシリティを通じて世銀グループによって支援が可能です。RMF流動性支援保証はオフテイカーによる不払いリスクの緩和を手助けするとともに、RMF政治リスク保険は契約不履行と契約解除のリスクを緩和します。 (続きを読む »)

現地通貨建てファシリティの作用

課題

人工のおよそ半分が貧困ラインよりも下の水準で生活する国では、IFCは質の高い保健施設へのアクセスの増加と卓越性基準の設定のための病院運営者による投資を支援しようと模索しています。クライアントは大きい外為リスクに脆弱であり、かといって長期の現地通貨建てファイナンスは同国では利用できません。通常であれば、IFCは現地通貨建ての債券を発行します。しかし、実際には対象のプロジェクトの時期と返済スケジュールを債券のそれと合わせるのは困難です。

解決策

IDAと連携することによって、IFCは現地通貨建ての債券を発行し、調達資金はプロジェクトが必要とするまで国債や社債に投資されます。IFCが融資をした現地通貨建てローンの返済がプロジェクトによって予定通り行われると、その資金はプロジェクトをファイナンスした債券への支払期日が来るまでオンショアで投資・管理されます。IFCはそのリスク・ガイドラインのもとでは資金が投資されている低い格付け商品の信用リスクを負担できないことから、現地通貨建てファシリティが代わりにそれを行います。流動性管理商品(地方政府債や社債)の信用リスクを負担することにより、IDA現地通貨建てファシリティは、以下の点を容易にします。(1)保健設備のクライアントへの現地通貨建て融資と、世銀グループの資本市場開発アジェンダを進めるIFC現地通貨建て債券発行、です。 (続きを読む »)

ブレンド・ファイナンス・ファシリティの作用

課題

あるIDA諸国では、エネルギーの発電を輸入するディーゼルに依存し、高いエネルギー・コストに繋がっています。実効性のある再生可能なエネルギーと、エネルギー効率化プロジェクトは投資家にとって高すぎるものでした。その結果、過去3年の間、ある特定のプロジェクトが ファイナンスの解決策がないために実現されていません。

解決策

銀行と連携して、IFCはこの国で再生可能エネルギーとエネルギー効率化ローンのポートフォリオを支援するリスク共有ファシリティを作ります。IFCは、信用リスクの50%をカバーし、PSWのブレンド・ファイナンス・ファシリティはIFCの最大リスク量の20%の一次損失をカバーします。 (つつきを読む »)