fbpx IDA第18次増資 国際金融公社(IFC)・多数国間投資保証機関(MIGA)民間セクター・ウィンドウ | 国際開発協会(IDA) | 国際開発協会(IDA)

IDA第18次増資 国際金融公社(IFC)・多国間投資保証機関(MIGA)民間セクター・ウィンドウ

国際開発協会(IDA)は、世界の75の最貧国のための世界銀行の基金であり、これらの国の経済開発と社会的基本サービスのための譲許的融資において単体で最大の財源となっています。IDAは173の出資国の監督のもと、経済成長を促し、不平等を削減し、人々の生活水準を向上させるプログラムへの融資や資金供与によって、貧困を削減することを目指しています。IDAは、開発パートナーからの3年毎の増資、IDA借入国からの返済金と内部の財源を用いて、長期融資を実行しています。

IDA第18次増資(IDA18)では、支援国はIDAの56年の歴史のなかでも最大規模となる750億ドルのコミットメントに合意しました。IDA18の革新的な資金パッケージは、IDA史上初めてドナー拠出金と返済金を市場で調達した資金と組み合わせ、また成長・強靭性・機会への投資を通じて、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に取り組むIDA借入国を支援する革新的な政策を導入することによって、パラダイムシフトを起こしました。

世界銀行グループ(WBG)はIDA融資のみに依存している国、特に脆弱・紛争国(FCS)にさらなる民間投資を呼び込むため、IDA18の一環として、25億ドルの「IDA18 IFC・MIGA[1] 民間セクター・ウィンドウ(PSW)」を創設しました(実施のための理事会文書(英語)をご覧ください)。PSWの根底にあるのは、持続可能な開発目標(SDGs)とIDA18の目的の達成には民間部門が中心的な役割を果たすという認識であり、影響の大きい民間部門投資の不確実性とリスク(実際のリスクと知覚リスクの両方)の削減を支援する必要性です。PSWは、商業的な解決策がなく、世界銀行グループが行う他の方法やアプローチでは十分に対応できない場合にとられる選択肢です。

世界銀行グループのツールにPSWが加わったことで、IDAは公共政策と民間投資の両方を活用する活動をさらに深められるようになりました。PSWは、市場を創造し、民間投資家を動員することで困難な開発課題に取り組むことを目指す「IFC 3.0」戦略と、IDA借入国に焦点を合わせたMIGAの戦略の主要な柱となっています。PSWは、世界銀行グループがIDA諸国の民間セクター投資に提供している強力な支援の上に築かれており、その額はこの10年間で1千億ドルを超えています。PSWは、IFCとMIGAのビジネスモデルと借入国との関係を活用することにより、IDAが公的資金を戦略的に使って困難な開発課題を抱える市場にさらなる民間投資を呼び込む機会を提供するとともに、政策とビジネス環境の改革に対するIDAの既存の支援を補完しています。

PSWは、4つのファシリティを通じて実行されます。その4つとは、(1)大規模なインフラ案件やIFCが援助する官民連携(PPP)に民間投資を呼び込むために、国家補償なしに対象となるプロジェクトに保証を付与する「リスク削減ファシリティ(RMF)」、(2)再保険に類似した一次損失分担とリスク参加によってMIGAの保証範囲を拡大する「MIGA保証ファシリティ(MGF)」、(3)資本市場が発達しておらず、市場を通じた解決策を十分に利用できない国において、IFCを通じた現地通貨建てによる長期投資を提供する「現地通貨ファシリティ(LCF)」、そして(4)PSWを通じた支援を、開発への影響が大きいセクター(中小企業、アグリビジネス、保健、教育、手頃な住宅、インフラ、気候変動の緩和、気候変動適応等)に対するIFCの先行投資とブレンドする「ブレンド・ファイナンス・ファシリティ(BFF)」です(4つのファシリティの概要については、こちらをご覧ください)。

PSWは2017年7月1日に運用を開始しました。7月31日現在、IDAの理事会はPSWファシリティ全体で5億7,700万ドルを承認しています。この内、4億5,400万ドルはIFCが管理するBFFとLCFに関して承認されたもの、1億2,200万ドルはMIGAが管理するMGFの下で承認されたものです。パイプラインの下流には9億ドル近く、中流には10億ドルを超える案件が控えており、PSWに対する高い需要と好調な実施状況を示しています。承認済みのIDA PSWプロジェクトの一覧はこちら(英語)をご覧ください。

世界銀行グループは、PSWの目的を達成するため、PSWの適格性と優先順位付けの基準、ガバナンスの仕組み、PSWの運用状況や成果をモニタリングするためのパフォーマンスと成果の枠組みを定めました。

PSWは投資を促進しますが、PSW自体が民間投資に資金を供与することはありません。PSWは様々なファシリティを通じて、IFCの投資やMIGAによる保証を支え、あるいはブレンドすることにより、民間セクター投資を支援しています。投資提案をお持ちの投資家の方は、該当するIFC・MIGAのカントリーオフィサーまたは投資オフィサーにお問い合わせの上、IFC及びMIGAのエンゲージメント・プロセスに従ってください。

PSWとそのファシリティに関する質問は、下記までお送りください。

  • PSW全体について:Federica Dal Bono, Lead Strategy Officer, World Bank, fdalbono@worldbank.org
  • リスク削減ファシリティについて:Juan Carlos Pereira, Principal Investment Officer, IFC, jpereira@ifc.org
  • 現地通貨ファシリティについて:Kevin Kime, Principal Financial Officer, IFC, kkime@ifc.org
  • ブレンド・ファイナンス・ファシリティについて:Kruskaia Sierra-Escalante, Manager of Blended Finance Unit, IFC, ksierraescalante@ifc.org
  • MIGA保証ファシリティについて:Nabil Fawaz, Operations Manager, MIGA, nfawaz@worldbank.org

PSWのファシリティ

ファシリティ 最終顧客に提供されている商品 部門 追加性 明示的な
割当て額
(米ドル)

リスク削減ファシリティ

IFCが発注・参加する対民間セクター取引に対し、国家補償なしでプロジェクト単位で提供される保証

インフラ(電力、上下水道、交通・物流、地方自治体のインフラ、通信と資源関連インフラ)、官民連携(PPP)

IFCの基準を上回るPSW適格国への投資の増加。既存の保証商品の利用拡大

10億ドル

MIGA保証ファシリティ

民間セクター向けのMIGA政治リスク保険商品

インフラ(電力、上下水道、交通と物流、地方自治体のインフラ、通信と資源関連インフラ)、アグリビジネス、製造業とサービス業、金融市場、PPP

MIGAの基準を上回るPSW適格国へのMIGAが援助する投資とリスク参加の増加

5億ドル

現地通貨ファシリティ

十分な為替ヘッジ機能がない市場で業務を行う民間セクターの顧客(中小企業に貸し付けを行う金融仲介機関等)への現地通貨建て融資

セクターは実行する融資にリンク

十分な為替ヘッジ機能がない市場で業務を行うPSW適格国の顧客(中小企業等)に対する現地通貨建て融資が可能に

現地通貨建ての金融商品の開発、リスク削減と能力開発

4億ドル

ブレンドファイナンスファシリティ

(民間セクターに対する)融資、劣後債務、資本金、保証、リスク分担

様々な分野(中小企業、金融へのアクセス、インフラ、アグリビジネス・製造業、保険・教育、手頃な住宅、通信技術、気候変動、地方自治体への融資等)への影響が大きい先行投資

IFCの基準を上回るPSW適格国への投資の増加

新しいセクターや融資サービスを十分に受けていない顧客層(起業初期や女性が経営する中小企業)へのブレンド・ファイナンスによる投資

既存の商品の利用拡大(長期融資等)

6億ドル

 

[1] 国際金融公社(IFC)は、途上国の民間セクターに注力する最大の国際開発機関であり、民間セクターの発展を阻害している重大な要因に対処する助けとなる資金、知識、パートナーシップを提供、動員しています。多数国間投資保証機関(MIGA)は、経済成長、貧困の削減、人々の生活水準向上を支援するため途上国への海外直接投資を促進しています。

民間セクター・ウィンドウとは?  (PDF) »